妊娠線予防クリーム6

投稿者:

体をゆったりともみながら妊娠線クリームを塗っていくことで、リラックス効果も期待することができます。お腹にいる赤ちゃんに語り掛けながらまったりと妊娠線予防のための保湿ケアを取り組んでいきましょう。妊娠線クリームの塗り残しがないように、下っ腹やお尻、背中の部分など、塗りづらい部分は、旦那さんにも協力をお願いしながら保湿すると、塗り忘れを予防することができます。

妊娠時にできる皮膚の断裂線の保湿対策はお風呂上りにするのがおすすめ。身体が温かくなっているので血行が高まり、水分が全身に補給されているからです。

お腹の肉割れを防ぐ方法はいつ頃から始めるといいのでしょうか。
お腹がまだ目立たないぐらい小さい頃はピリピリ感も気になったりしないので「大丈夫」と考えておられるかもしれません。

ですが、もし本当にお腹の肉割れを防止したいなら今すぐに保湿ケアすることを勧めます。
妊娠時の肉割れが作られやすいところは腹部以外にも胸やお尻、太ももがあります。

いわゆる、脂肪があって柔らかい部分ができやすいということです。お尻や太ももの部分など後ろ側は特に見ることが難しいので気を付けて保湿ケアをしましょう。
お腹周辺が大きくなると下っ腹が見えにくくなるので特に丁寧にケアすることが大切です。
一般に売られているボディクリームと妊娠線を防止するための保湿ケアグッズは違うところはあるのでしょうか?実は、ポイントは4か所です。

「入っているものは何か」「かおり」「安さ」「保湿力」まず、何が入っているのかについてです。

注意しなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。妊娠中はホルモンが通常より変化しやすいので、今まで大丈夫だった保湿するためのものもニキビができたり、何か違和感があったりすることが考えられます。でも、マタニティ期専用のアイテムは敏感肌の時期でも問題なく使えるようにお肌のことを考えた成分で製造されています。

香りも違いがみられます。

市販のボディクリームは香料といういい香りをさせるものが入っていたり、ホルモンが分泌されるようなアロマオイルが入っていたりします。つわりの間はいつも以上に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠時は不適切なアロマオイルが入っていることもあるので注意を払いましょう。

値段についてもお店で販売されているものは安価であることが多数ですが、妊娠時に使うものは少し値段が高くなっているものが多いでしょう。

また、お肌を潤す力についても違いがあります。

ストレッチマークは真皮にヒビができてしまうので、外側だけでなく、内側も保湿する必要があるんです。

ですので、保湿力が高く、できるだけ表皮ではなく、真皮まで潤いが届く処方のものの方が安心感があります。

妊娠しているときにできる肉割れを予防したいなら、もしストレッチマークができても仕方がないと思えるものを選ぶことをお勧めします。

妊娠した時の線はできる人、できない人がおります。
妊娠時の断裂線が作られやすい人とは「ドライ肌の人」「35歳以上」「小さくてスマートな人」「太目で皮下脂肪がある人」「双子や三つ子などの多胎妊娠」「すでに出産をしたことがある人」「母親のお腹に妊娠線がある人」というポイントがみられます。

ですが、もしあなたが「妊娠線ができやすい人」でも気に病まないでください。

きちんと保湿ケアと体重を急に増やさないことで「妊娠線が表出しなかった」というお母さんももちろんいます。
ストレッチマークを作るのが嫌な人は今すぐに保湿ケアをスタートさせて、体重も増やさないように意識しておきましょう。

妊娠線クリームは水と油のバランスが過不足なく入っているので、スッと馴染みやすいのがメリットです。

あわせて、つわりの時にも負担のない香り、もしくはにおいのしないものが多いですね。

なるほど!妊娠線予防のおすすめクリームならこれを遣えばいいわけですね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です